中学数学 テストの点が、20点台から80点台へアップ!この驚きの成果の勉強法とは?

ADHD・不登校向け学習教材

あるオンラインの無学年式家庭学習教材を使用することで、中学2年生のお子様が、中学数学 のテストの点が、

20点台から80点台へアップ!

この驚きの成果のその勉強法とは?

中学数学 の 苦手 を克服するためには?

中学数学 が 苦手 になった理由とは?

中学数学 と言えば、小学校の頃から、算数が得意だったお子様と、苦手 だったお子様の点数差がはっきりと広がっていく分かれ道と言えますね。

というのも、数学 の教科は、今日の授業だけしっかり聞いていても、基礎がなければ、理解できないという暗記科目の教科とは異なる特徴があります。

中学数学 は、大まかに分けると「代数」「関数」「図形」の分野の単元に分かれています。

この「代数」関連の単元には、

「正負の数」
文字と式
「一次方程式」
「二次方程式」
「因数分解」

などがあります。

学習が進むにつれて、過去の単元の基礎が必ず必要となってきます。

(※つまり、上記の「文字と式」でつまずいてしまうと、その先の「一次方程式」以降も点数が取れなくなってしまいます。)

あなたのお子様が、すでに、中学数学 で60点以下が当たり前になっているのなら、

このように過去にさかのぼって、取りこぼしてしまった単元を学習し直すことで、十分に点数を上げられる可能性を持っているのです。

中学数学を、どの単元からつまずいたのかー判断を誰がするの?

中学数学がすでに60点以下が続いている場合、あなたのお子様が、どの単元から復習をやり直せばいいのか?

実は、お子様自身もよくわからず、親も判断がつき難いことだと思います。

苦手意識の強いお子様に、いきなり前学年の問題集を差し出しても、やる気が湧くわけでもなく、

つまずいている単元が、さらに、もっと前なら、前学年も解くことが出来ません。

また、一学年に複数の関連のない領域が混在していることから、「図形問題」が全問正解できたら、「前学年まで戻る必要が無い!」と判断してしまうかもしれません。

個別指導塾に判断を委ねる場合、指導者が学生アルバイトの場合、分からない質問に対しての考え方は教えてくれますが、それ以上の指導は、期待できないことが多いです。

個別にカリキュラムを考えてくれる塾長や、日々の理解度を判断しながら、カリキュラムに手を加えてくれる講師がいれば、話しは別です。

しかし、私の地域では、中学生までの生徒には、アルバイト学生が中心となって講師がつきますので、個別指導塾に通い、成績をみるみる上げた子は、一人もいませんでした。

苦手単元の克服に、AIによる無学年式教材が注目されている!

そこで、最近になって注目されるようになったのが、

AIによる無学年式教材

になります。

どの単元に理解があり、基礎が出来ていないのは、どの単元なのか?

AIが判断しながら、学年の域を超えて、「練習問題」と「説明」を繰り返してくれます。

個別指導塾でも、”AI指導”という表記のコースがあれば、

そのような無学年式教材であるケースが多いです。

この冒頭で紹介した「中学数学 のテストで80点台に成績を伸ばしたの生徒」も、AI機能の付いた無学年式教材「すらら」を家庭で使用していた結果、成績を伸ばすことに成功したのです。

中学数学 のテストで80点台に成績を伸ばした生徒は、ADHDだった!

しかも、もっと驚くのは、「中学数学 のテストで80点台に成績を伸ばした生徒」は、

ADHD(注意欠如・多動症)

の生徒だったということです。

ADHDのため、授業をきちんと理解しながら勉強することが出来なかったため、多くの基礎を取りこぼし、現在の数学授業を必死に学習したところで、点数を稼げない状態になっていたのです。

それを、AIのサポートにより、基礎が抜けているところすべて、学年をさかのぼり、復習していくことで、現在の数学授業に十分な基礎知識が身に付き、当たり前のように、高得点が取れるようになっていったそうです。

この無学年式教材「すらら」は、文部科学省が不登校児童・生徒が家庭学習に利用すれば、

”出席扱いを認める”

とした条件をそろえているため、

現在、様々な事情で不登校になってしまっている児童・生徒が、

学校復帰に向けて利用しているオンライン教材でもあるのです。

※「不登校でも”出席扱い”!?」の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

不登校なのに、出席扱い!小学生・中学生対象の知られていない学習制度とは? | 学びワールド~manabi world~

不登校なのに、出席扱い!小学生・中学生対象の知られていない学習制度とは?
不登校 なのに 出席扱い で、欠席日数 がゼロ!そんな意外と知られていない 文部科学省 が 不登校 児童生徒の学習支援のために通達した小学生・中学生対象の学習制度があることをご存知ですか? 出席扱い にしてもらいながら、自宅で基礎学力を高めることが出来る学習教材「すらら」についてもご紹介しています。

無学年式教材「すらら」が勉強の苦手意識が強い子に向いている理由とは?

説明が対話式アニメーション

この無学年式教材「すらら」は、学習の遅れが目立つ「不登校」「ADHD」の児童・生徒にも活用してもらえるように、配慮された設計にもなっています。

いじめや人間不信にもなっていて、まだ心のケアが整っていない子も、スムーズに学習に取り組めるように、説明してくれるのが、

”アニメーションのキャラクター”

になっています。

教科によって、様々なキャラクターの先生が登場することにより、

アニメを見ているかのように説明を聞いてしまう!

と、使用した生徒の評判も上々です。

しかも、対話式で話しかけてくれるような喋り方になっているため、

アニメーションの世界に入り込んでいきやすくなっています。

その一部を動画で見てみましょう!

対話式で、様々なアニメーションの先生が登場!するサンプル動画

〔おしえてすらら〕対話型のレクチャー

このように、自分の答えに、「正解!」のファンファーレがなったり、間違えたら、説明をしてくれたりするおかげで、小学校低学年からでも、一人で自学自習しやすい教材になっています。

練習問題の答えを間違えたら、どうなるの?

間違えた問題に対して、

何が正しく、どう考えるべきだったのか?

説明をしてくれるのはもちろんですが、

AIにより、同じ単元の問題でも、問題の難易度を変えることで、正解しやすいような練習問題の出し方に変えてくれます。

間違えれば、易しい問題に!

正解が続けば、少しレベルアップした問題に!

さらに、もっと前の苦手とされる単元に自動でさかのぼっていくことで、効率よく、抜け落ちている基礎知識を補っていくことができます。

そのような柔軟に問題の難易度を変化させることにより、正解率が高まり、やる気のモチベーションアップにもつながっていきます。

《苦手単元を克服するためのAI機能のドリルの動画》

ドリル機能の紹介〔対話型eラーニング教材|すらら〕

無学年式教材「すらら」は、どんな人が利用しているの?

全国の学習塾・学校・アフタースクール・海外の日本人学校・家庭教材として使われており、不登校児童・生徒でも、出席扱いにできる条件を揃えている学習教材になります。

こちらは、某高校が、英語の授業に、無学年式教材「すらら」を利用して、英語の基礎学力を高める授業の様子です。

すらら授業内活用の様子

英語も数学同様に、過去に学んだ文法に関連性があり、英語の成績が低い生徒には、文法の定着が抜けていることがよくあります。

個々の抜け落ちている基礎を固めることに役立ち、

また、無学年式教材のもう一つの特長として、

英語力の高い生徒には、先取り学習の領域を学習することができる点にもあります。

学校内のバラついた英語力を、このような無学年式教材「すらら」で、全員にあったレベルの授業をしている学校もあるのです。

その他にも、中学受験を考えている家庭では、小学校1年生の頃から、この無学年式教材「すらら」を使って、先取り学習をして、

小学校高学年になると、受験用の学習塾で、難易度の高い受験勉強に力を注いでいる!

という利用方法もされています。

この無学年式教材「すらら」は、学校指導要綱に準拠した内容になっていますが、

中学受験に必要な「ツルカメ算」などは、入っていないため、中学受験・高校受験対策の問題に関しては、専門の進学塾などの利用が必要になります。

また、中学校の定期テスト対策などを求める場合も、学習塾、又は、学年式教材をおすすめします。

無学年式教材「すらら」は、小学校から高校までの学校準拠の学習内容を学年にとらわれず、

・しっかり基礎を固めたい!

・先取り学習をしたい!

というお子様に向いています。

成績の伸び悩みや、低い点数に悩まされているようであれば、一度、こちらの無学年式教材「すらら」公式サイトの無料体験で、オンライン教材をご覧になってみてはいかがでしょうか。

なお、無料体験から自動で本契約になることはありません。

無料体験の場合は、利用できる機能に制限があります。

自宅での学習をサポートする無学年式オンライン教材【すらら】無料体験・詳細


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました